ジェネリックの詳細

ジェネリック医薬品とは、後発医薬品とも言われ、新薬(先発医薬品)と同じように厳しい規制や基準で認められた、同じ効果、同じ安全性を持った低価格の医薬品。

なせ、ジェネリック医薬品は低価格なのでしょうか?
そもそも、新薬の開発や研究には、長い期間とそれに伴う費用が膨大にかかりますが、ジェネリック医薬品の場合、すでにその医薬品の効果や安全性は確認されているため、開発や研究には、費用を投じる必要がないため、低価格での提供が可能になります。

ジェネリック医薬品は、普及しているのでしょうか?
日本では、ジェネリック薬品が利用される声が上がってきてますが、欧米と比較した場合、その事情はかなり異なっています。
例えば、アメリカでは、医療に投じる予算が限られているため、高額な医療費がかかる可能性があるため、ジェネリック医薬品の重要性があります。日本では、保険制度がアメリカより充実しているため、高額な医療費を請求されることは、まずありませんが、医療費を抑えることができます。さらに、厚生労働省では、2017年度には、ジェネリック薬品の国内普及率を70%、2018年度には、80%を目標としており、今度、広く普及する傾向が大きいです。

ジェネリック医薬品は、効果や安全性は本当に同じなのでしょうか?
ジェネリック医薬品は、製造や販売するにあたり、2つの特許が必要となります。それは、物質特許と用途特許です。
物質特許とは、新しい物質に与える特許であり、用途特許とは、新しい効能や効果を特定の物質に与える特許であります。
この2つの特許が満たされてなければならず、新薬(先発医薬品)と同じ主成分とすることができます。
しかし、この2つ以外にも特許は多々あります。そのため、全く同じものとはならないため、違和感があるのかもしれませんが、厚生労働省からこの問題点に対して回答も出ています。有効成分に問題がなければ、医薬品としても効能に影響はありませんし、承認の過程が違っていたとしても既に先発医薬品の際に、確認がとれているから省略しているだけですので問題はないという回答も出でいます。

このように、ジェネリック医薬品は、新薬(先発医薬品)と同じような効果や安全性を持った低下価格の医薬品ではありますが、ジェネリック医薬品においては、必要な情報や説明を得たうえで、使用することをお勧めします。

メニュー

▶海外通販サイトでジェネリック医薬品が買えます。 ▶ジェネリックの詳細